増えない年

2018/07/03

誕生日というものは、年を重ねるものでふつうは年をとる。

しかし、30歳を超えたあたりから年齢がどうでもよくなってきたため、

「いくつになったの?」と聞かれると、

「えっと…昭和○年生まれです。」と相手に計算させたり、

「戌年です。」と干支で答える。

いまは2015?2017?とわからなくなるのと同じで、

自分の年齢もどっちでもよすぎてわからなくなる、

と40過ぎのママさんに話すと

「30でそれなら、40になると、もっとどうでもよくなるから!」と

言われた。

彼女ももう年齢はどうでもいい、という位置に来てしまったらしい。

コロラドのパル、ウィスコンシン州のパル、カナダのパルと

いろんなパルたちが「おめでとう~!」とメッセージをくれたけれど、

ドバイのパルからは「おめでとう!30歳?」とメッセージが来た。

30歳?

いえ、三十路には少し前から突入してますけれど…と話すと、

彼女の中で、私は永遠の”29歳”だったらしい。

「じゃあ、私の年齢を知ってる?」と彼女に聞かれ、

えーっと、出会ったころが20歳だったから…「22歳?」と聞くと、

「24歳」になっていました!

「え~!?ついこの前まで20歳だったでしょ?!」と驚くと、

「あなたもついこの前まで29歳だったでしょ?」と笑われた。

月日の経過は恐ろしいもので、全くついていけてなかった。

気づけば、彼女と知り合って4年も経過していたのか~としみじみわかった。

「私の中ではあなたは小さい赤ちゃんのいるママのままよ。」と。

その小さい赤ちゃんもいまはもう5歳ですけれどね。

私の中では女子大生のパルもいまは銀行でインターンシップ中。

本店でインターンがあるようで、朝5時起きで6時に家を出て、

もうインターンシップが早く終わることだけがいまの願い!だとか。

30代、結婚した年齢や出産した年齢にもよるのだろうけれど、

私と私より6年早く出産した4つ下のコロラドのパルにとっては

30代は”育児の年代”で、子どもに振り回されるまま気づくと誕生日、

この1年は何したっけ…と愕然としているうちにまた誕生日、

ぎゃ~!!年だけとっていく~!と思っている内に誕生日。。。

「そろそろちゃんと目標を決めよう」と話題に何度もなるけれど、

「宝くじを今年こそ当てる!」以外は決まらない。

それでも彼女とチャットしていると、本当に私のアメリカの分身の気がしてならない。

例えば、

「昨日、スイミングバッグを忘れて園に2回も忙しい朝から行ったわよ。」と

私が話すと、

「…私も昨日、忘れ物を学校に届けたわよ。」と彼女。

”You sound like me."(あなたって私みたいね。)と言われた。

類は友を呼んでいるようです。

そんな私たちの願いは、「このドタバタの日々を懐かしく思える日の到来。」

早く来い来い!!このうるさいこどもたちの喧嘩の声を

「懐かしかったわね~」と言える、静かな日々!と彼女と言い合った。

彼女は子どもたちの喧嘩が少しでも減るように7人乗りを買ったばかりだけれど、

「メイ、あまり変わらないわよ。」と言っていた。

知ってますよ、それは効果がないことくらい。

バスくらいの大きさがないと、子どもの声は軽減されません。。。

「エンジンが静かな車だから、ラジオの音もよく聴こえますよ」とディーラーで

言われましたが、エンジンよりうるさいのは”子どもの声”なので、

相変わらずラジオは我が家の車では聞こえませんから。

いつも話しているメンバー以外にも久しぶりの人たちからも

「お誕生日おめでとう~!」と言ってもらえて、とてもいい誕生日になった。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村