※完全に 言葉様信者の視点で書かれているので。多少の行きすぎ表現はご容赦ください。つまり、世界、七海ファンの方は見ないほうが・・・。 


 そして、またネタばれ注意です。



 「彼女だけの彼」はいいですね。学園祭が悲惨すぎて泣けたけど。学園祭後、誠からまた好きだ!と言われてから、言葉様が急速に回復して、攻勢に出るところが気持ちよいです。誠市ねと思いつつも、誠から好きだといわれて涙を流して喜ぶ言葉様にはやはり感動します。対照的に世界が一気にdqn化するのも面白かった。無理やり誠の携帯を言葉様着信拒否にしたり。そこで負けずに、家に押しかける言葉様は強いですわ(言葉信者なので全肯定)。口争いでも完全に勝ってたし※。世界との格の違いを見せつけてました。


 あと、いじめ教唆発覚で世界、七海が自爆したのにはm9(^Д^)プギャー 七海は結局、誠と世界が決裂するトリガーをひいたわけで。ほんと最悪なキャラ。




 このシナリオの言葉様はきっかけが誠の告白だったとはいえ、自分の力で誠を再び奪い取ったわけで。他のシナリオと違い、地に足の着いた女の強さを感じます。これなら、うまく誠をコントロールして付き合い続けることができる・・・んじゃないかなと。そして、そのうちに誠のつまらなさに飽きて、言葉様のほうから捨てるんじゃないかなと(妄想)。


 そうなれば、誠、世界、加藤あたりのDQNどもとも縁がなくなるだろうし。普通の人と普通の幸せを営めるようになる。そう、言葉様の輝かしき人生が始まるのですよ。うん、そう思い込むことにします!


 ※世界が「誠を誘惑するな」って感じに言葉様に言ったところ。多分、誰もが「先に寝取ったのはあんただろ!」という突込みを入れたと思うけど。言葉様も同じ反論してました。