長年阪神は外様ばかりだと苦言を呈されてきました。スタメンの殆どがドラフトで獲得した選手では無く他球団の寄せ集めだと・・

結局はドラフトの失敗に起因するのですが、毎年のようにFAで選手を獲得するも鬼神の如く活躍した金本以外はさほど結果を残せぬまま甲子園のヤジに晒されるだけの存在で、頼みの生え抜きも鳥谷以外はまともに試合に出ることすらままならない状態でした。

昨年ようやく上本や大和が出てきましたが、まだ脇役感は否めず、生え抜きスター選手をチームもファンもが望んでいる状態です(上本や大和も今シーズンは一気に主役まで登りつめて欲しいですが)。

とは言え別に外様は駄目なんて事は無く、大リーグ帰りの西岡や福留。他球団から移籍して活躍の場を得た今成や新井も生え抜き選手同様に大切な阪神タイガースの戦力には違いありません。

結局の所は世代交代がうまくいくかどうかの問題で、いつ衰えがくるかわからないようなベテランばっかのチームより5年後もスタメンで活躍している様な若手が多くいるチームを目指して欲しいということ。これを言うとベテランが悪いみたいに聞こえるかも知れませんが、若手が頼りないからと他球団のベテランでお茶を濁すような何の夢も無いような編成だけはして欲しくないということです。

しかしただ生え抜きなら良いのかというと、西村みたいに巨人以外なら拒否しますと高校生のドラ1クラスの選手に宣言させてまんまと2位や3位で獲得する(ドラ1は即戦力をちゃっかりキープ、それも同様の手口で)のが良いとは思いませんし、内海みたいに同様に宣言させての他球団の強行(オリックスの1位指名)に合うと同じ高校の捕手をドラフトで人質よろしく獲得し結果入団拒否。3年後晴れてドラフトで獲得するや即座に当時獲得した捕手を解雇するような手口が良いとも思いませんし、最近の菅野や澤村・長野なんかも言うに及ばず。

ちなみに高井なんかもヤクルトが強行1位指名した選手ですが巨人は木佐貫と久保の逆指名を取り付けた後の3位か4位で獲得しようとしてましたからね。巨人ファンにだけは生え抜きどうこう言われたくないとだけ。

まあ隣の芝が青く見えるのは仕方ないとしてもヤクルトの山田とかソフトバンクの今宮や柳田、カープの丸や菊地のようなイキの良い若手がタイガースから数多く出てきてほしいと思っていたところの今日のソフトバンクとのオープン戦。ほぼ主力のソフトバンクに対して我がタイガースのスタメンはほぼ鳴尾浜(笑)

1番 横田(ライト)

2番 大和(センター)

3番 上本(セカンド)

4番 新井(DH)

5番 江越(レフト)

6番 中谷(ファースト)

7番 坂(サード)

8番 梅野(キャッチャー)

9番 北條(ショート)

の布陣で昨年の日本一を撃破したのですから大したものです。まあソフトバンクは主力だからこそ寒い雨混じりのコンディションで怪我だけはしないようにしていただけかもしれませんが。

このスタメンを見ても中谷の外野レースからの脱落と横田・江越の期待の高さが覗え、江越は何と大隣からバックスクリーン左のホームランを放ちます。ちょっと外寄りの真ん中低めを掬っての一撃は弾道的に2塁打かなという辺りが軽々とフェンスを越えたのには驚きました。今岡が今のままでホームラン25本は打つ!と断言していましたが、新庄や陽を彷彿とさせる打球の伸びはもしかすると・・と思わずにはいられません。

横田もインコースの変化球を詰まりながらショートの頭を越すタイムリーでアピール。先日の左投手からの流し打ちよりも内容のある打撃で、ただのパワーだけの選手では無い好打者の一面も見せました。

何と言っても先発の石崎!左打者の外に逃げるシュートとインハイストレートが素晴らしい。もう開幕ローテ当確でしょ。一度ペース落として体を休ませて欲しいくらい。ほんと文句なし。島本も最後143kmのストレートで締めましたし生え抜き大活躍の一戦でした。

こういう日の翌日はスポーツ新聞を見るのが楽しいんですよね。わざわざ喫茶店行ったりして(笑)そうそう、新井が腰の完治を思わせるフルスイングでヒット打ったこともグッドニュースです。